妊婦検診の基礎知識 - 妊婦検診の基礎知識

妊婦検診の基礎知識

妊娠すると定期的に産婦人科を受診する検診を受けます。妊娠が正常なものであるかの確認、胎児の発育の経過観察、胎児異常の有無の診断、 妊娠中の合併症の予防と早期発見、分娩時期の予想、母親への健康指導など、妊娠から出産に至るまでの母体と赤ちゃんのサポートを行ってくれるのが妊婦検診です。 両親学級なども行われており、妊娠中の過ごし方から産後の生活の指導も行っています。受診の間隔は妊娠週数によって異なり、 妊娠初期から妊娠が確定するまでは1~2週間に1回、妊娠23週までは4週に1回、妊娠24週から妊娠35週までは2週に1回、妊娠36週以後出産までは1週に1回とされています。

 

妊婦検診にあたっては国からの助成があり、14回分は無料で受けることができます。最近検診にかかる費用を削ろうと受診の回数を減らす人が増えていますが、 妊婦検診を通して母体と赤ちゃんの健康状態を確認することは非常に意味のあることで、妊娠中の様々なトラブルを回避するためには不可欠なものです。 徐々に成長していく赤ちゃんを見ることで、母性本能が目覚め、母親が出産までの期間で赤ちゃんに会う心の準備をする良い機会となります。 健やかな妊娠と出産のために、産婦人科や厚生労働省も積極的な受診を呼びかけています。